罹災物件管理システム

提供機能

1)住家被害認定調査

①罹災物件の管理※注1

②住家被害認定調査票の出力 ※注2 ※注3

③調査結果および調査記録の管理 ※注4

④罹災証明書、罹災届出証明書の発行 ※注5


2)損耗減点補正率計算

①損耗減点補正率計算 ※注6

②修繕率の管理

※注1 物件紐付けで写真、pdf等のファイルを添付、管理が可能

※注2 内閣府「災害に係る住家の被害認定基準運用指針(令和3年3月)」および
「住家被害認定調査票(令和3年3月)」に準拠
防災情報ホームページ:http://www.bousai.go.jp/taisaku/unyou.html 参照

※注3 現地で結果計算可能なエクセルファイル形式と帳票印刷に対応

※注4 PDFファイル、画像ファイル(JPEG)、エクセルファイルに対応

※注5 罹災証明書は内閣府統一様式準拠、罹災届出証明書は、自治体様独自様式の対応可能

※注6「平成30年度 固定資産評価基準解説(家屋篇)固定資産税務研究会 編集/一般財団法人 地方財務協会 発行」に準拠

導入メリット

1)Webアプリケーションシステムですのでクライアント側はブラウザのみで利用することができます。そのため、関連する部課係間で横断的に利用するシステムが安価に構築、運用可能です。

2)罹災の調査状況や証明書の発行状況などをシステムで一元管理します。また、その後の罹災物件の損耗減点、修繕率適用計算の管理も可能です。

主な画面

住家被害認定調査画面

罹災証明書

罹災届出証明書サンプル

帳票出力画面

調査票サンプル(内閣府様式)

損耗減点補正率計算画面

システム構成/推奨動作環境

■サーバー

OS:Windows Server 2012以降

CPU:4コア

メモリ:8GB

ストレージ:100GB以上

■クライアントPC

ブラウザー:Microsoft Edge最新版、

Google Chrome最新版

(注)台帳管理プラットフォームは、グレープシティ株式会社の製品で、本アプリケーション専用Forguncyを利用しています。

お問い合わせ

いつでもデモを実施致します。
トライアル版のお試しも可能です。
お気軽に問合せフォームにてお問い合わせください。

▲ ページの先頭へ
Copyright NTT-AT Mtack Corporation.All Right Reserved.